痛風になっても、はじめのうちは自覚症状がありませんが、痛風の初期段階を自覚してからは以下のような症状が現れてきます。

・足の親指の付け根、膝から下(以下”患部”と言う)に激痛がはしる
・患部が赤く腫れる
・患部に熱を持つ

これらの症状が現れ、約1週間程続いた後に痛みが消失します。しかし、適切な処置・対処を怠ると、痛みが治まった後も体内では悪化の一方を辿り、数年後、再度激痛となって痛風発作を起こします。この周期がだんだん狭くなっていき、いづれ期間を置かずとも又痛みの場所もあらゆる場所に拡大し、いつもどこかに痛みを生じている状態となってしまいます。

痛風チェック←自己採点できます。


スポンサードリンク

【尿酸値の上昇を放置すると】へ → 戻る
尿酸値とは何か尿酸値上昇のメカニズム尿酸値が高いと言われたら尿酸値の上昇を放置すると
高尿酸値を指摘されたら尿酸値を下げる対策尿酸値を下げたい掲示板尿酸値を下げたいリンク集